旅行・地域

紅葉(黄葉)あちこち

今年は、誘い誘われ、気になるところの紅葉(黄葉)を見ることができた。

 

そりゃ~、京都で見られるに越したことないけれど・・・

 

身近で。

 

神代植物園。
桜の木は紅葉しかけていたが、モミジはもう少しだった。

 

次は、井の頭公園。
ここも、もう少し。



そして、ここのところご無沙汰だった昭和記念公園へ。



天までそびえるイチョウの黄葉をお目当てに、姉と出かけた。



4年前には、こんなだった。2013/11/19

Dsc01921

 

予報は、雨。
かろうじて曇り空のなかを。

 

Dsc04931

 

お目当ての場所は、「日本庭園」

 

4年前行った時「京都のもみじと一緒!!」と感激したところです。

 

Dsc01949

今年。2017/11/14

十分赤いつもりだったが、4年前に比べるといま一つのような。

 

Dsc04933

 

Dsc04936

 

でも、途中ににも。

 

Dsc04930

イチョウ並木は最後に取っておいた。

 

Dsc04939
4年前と景色がちょっと違う。

 

 

 

 

少し遅かったかな?



季節の花を見るのが好きだ。



しかし、丁度いい時に出合うのは、至難のわざだ。



今回のように、イメージしたようなものではなかったり・・・



こちら側の事情で、行けなかったり…



一番贅沢な趣味かな?

 

 

 

   wisteria

 

 

|

私は、晴れ女?

今年の夏休みは、東北地方へ行った。

 

私も何だかんだ言うけど、最後に決めるのは、クッキー。

 

私、方向音痴、地図音痴。
車の免許がないから距離音痴でもある。

 

だから、クッキーの指示に全面的に従う(素直でしょう?)

 

クッキーが予定したのは、

 

新幹線で盛岡まで行く。

 

盛岡でレンタカーを借りて青森まで行く。

 

途中八甲田山ロープウェイにのる。

1502695268755     山頂では、霧のため下界はほとんど見えずでした。

 

弘前城へ行きたかったのだけど、時間切れでホテルへ。

 

次の日、弘前城へ。

 

1502755677839

 

本当は桜の頃にくれば最高なのでしょうけど天守閣にのぼり、新緑の桜並木を堪能した。

 

天守閣に日本中の城の写真があった。
頭の中で「松本城登った。松江城も大阪城も」なんて思っていた。
そしたら、小学中学年くらいの子が「松本城も姫路城も登ったよね。登ってないの九州かな?」の声が。

 

いいな。家族で九州行くんだろうね。

 

もしかして、私たちも、お城と神社、寺は、よく行っているかもとも思った。

 

1502763503480

    津軽平野をひたすら走る。



弘前城を後にして、太宰の斜陽館、そして、三内丸山遺跡へ。

1502777563926

1502776970305

 

 

 

夕方、秋田へ向けて出発。

 

秋田で1泊して、次の日は仙台へ。

1502837856769_2

 

 

1502837237618    泊まった秋田のホテル前のお堀に蓮がい~ぱい。

 

1502837100200
       大賀ハスでした。

 

 

田沢湖を見ながらお昼を食べて、盛岡でレンタカーを返して新幹線で仙台で。

 

1502856205028

 

途中から車窓に雨粒が。

 

それまで、ず~といいお天気でした。

 

ホテルについてニュースを見て、「わあ~晴れのところを移動してたんだ~」と。
感謝!感謝!です。

   wisteria

 

|

金沢旅行

ゴールデンウィークの連休のあと、いつもお休みをいただいている。
今までは、それぞれの母親のところへ行っていた。

 

今年は、自分たちの行きたいところを計画した。

 

「室堂へ行きたい」と思った私。

 

5年前長野側から、黒部側から行ったけど室堂には行ってない。
雪の壁がそそりたっている風景はなんともエキゾチック!でしょう。

 

なのに・・・
4月末から風邪をひいてしまった。
何とか旅行には行けそうだが、寒いところ、冬のような(下界は暑くても)ところへ行くにはちょっと自信がなかった。

 

それで、富山にとった宿はそのままで急遽金沢に行くことにした。
初金沢。

 

東京駅から北陸新幹線で金沢まで。
初北陸新幹線。

 

ゴロゴロバック、キャリーバックを金沢駅に預けて金沢観光にしゅっぱ~つ。

 

ひと月前に買ったスマホが大活躍。
それでも、人間の口も大活躍。

 

初心者が金沢でまず行くでしょうところ、兼六園と金沢城公園に行くことにした。

 

スマホを買いたいと思った理由の一つがカメラ。
いちいちデジカメを出さなくていいんじゃ?と思っていたが、「ズームは?望遠は?」と使いこなすことできずに、デジカメに舞い戻り。

Dsc04724

Dsc04726

Dsc04727

 

金沢城というが、お城はなく、順路のままに歩いていくと、「玉泉庵」というきれいなお庭があった。
江戸時代に露地役所(庭の整備管理に関する役所)があった場所らしい。

Dsc04733

 

歩き疲れた足を休めながら、優雅な庭を見ながら、季節の生菓子と抹茶をいただいた。

 

お抹茶じゃ椀は、さすが九谷焼でした。

 

庭好きの私としては、あまりの優雅さにいつまでもぼんやり眺めていたら、ボランティアの方が、金沢の歴史を教えてくださった。

 

歴史に疎い私。
歴史大好きなクッキー。

 

クッキーは、金沢の歴史、外様大名の歴史が、鹿児島の薩摩の歴史と重なったようで、二人で話がはずんでいた。

 

ひがし茶屋街とか、工芸品館とか有名なところはあるらしい。



でも、最近の私、「物はもういいかな?(物を増やしたくない)」という感じ。

 

「地図、広がりを知りたい」
「歴史、人の営みを知りたい」と思うようになった。

 

ワクワクします、そのことに。
  wisteria

 

 

 

|

佐渡旅行

4月初めに友人と佐渡へ行った。

 

なぜ佐渡?

 

友人が行きたいと言ったから。

 

十数年まえ、別の友人たちが行っていて、「どんなところかな?」と興味はあったので二つ返事でのった。

 

旅行慣れている彼女のお薦めで、JTBの2泊3日の旅。

 

食事とホテルを決め後はフリー。
「ああしたい、こうしたい」と旅行会社の人に言い、組んでもらった。

 

上越新幹線で新潟まで行き、新潟港からジェットフォイルで両津港というところまで行く。
そこから路線バスでホテルのある相川まで約60分。
ホテルまでは迎えの車で。

 

Dsc04692

 

目の前は日本海。

 

さすが、JTB。
ホテルは、日本海に面した高台にある老舗。

 

「美味しいお魚と美味しい新潟のお酒」を楽しみに行ったので、満足の旅だった。

 

Dsc04689

 

Dsc04696

 

Dsc04697

 

それに、4月初めというシーズンにはちょっと早かったので異例ずくめ。

 

観光バスは、私たち二人の貸し切り状態(お客は私たちだけ)

 

そんな中、(本当は、だめなんでしょうけど)能の舞台を見たいという友人のために観光ルートの途中に案内してもらった。

 

Dsc04698もちろん、佐渡金山、奉行所も見たよ。トキも。

 

Dsc04694

 

 

長男のお嫁さんは新潟出身。

 

「佐渡、何にもないとこです。。。」と言われてきたが、観光バスの運転手さん、ガイドさんにはとってもよくしてもらい。
観光案内所でも、トンチンカンなおばさん二人に時刻表にマーカーで印をつけてくれ。



道路に道順の印もつけてくれ。


最後には、行く順番を大きな字で書いてもらったりして(新しい場所、聞いた端から忘れるんですもの)

Dsc04706_2

書いてもらいながら、4,5年前母の年金のことでお世話になった、多摩信用金庫の若い行員さんのことを思い出した。



大きな字で解りやすく説明してくれたことを。



私も、お客さんを相手の仕事。



相手の気持ちに寄り添っているかしら?と考えたひと時だった。



きっと今どきの人は自分たちでスマホで調べて行くんでしょうね、と言いながらの私たち。



ホントに,
ほんとにお世話になった。



何にないところじゃなかったよ。



お腹いっぱいそして、心いっぱいの旅でした。
  wisteria

 

|

絶景(熱海)

すっごい日の出を見ました。
海からの。

 

お仲間が日の出の時間の少し前、6時30分にタイマーをかけてくれた。

 

チリリリ・・・。

 

相模湾の水平線がほんのり明るくなり、太陽の頭がポワンと見え始めた。
見え始めたとたん、するするすると。

 

Dsc04624

 

雲一つない相模湾に上がった朝日。
なんと表現したらいいのでしょう?

 

その後慌ててみんなで朝ぶろの露天風呂に向かった。
   wisteria

|

仙台旅行

20年来の友人たちと年1回の旅行に行った。

 

去年は伊勢志摩。
今年は、仙台。

 

お仲間に仙台と南三陸出身がいるから、前から行こう行こうと言っていてやっと実現した。

 

見学ルートは、仙台の定番コース。

 

新幹線で仙台まで。
レンタカーを借りて、出発!!

 

一日目は、青葉城址公園ー瑞鳳殿ー秋保大滝ー秋保温泉 佐勘(さかん)泊

 

Dsc04533

 

二日目は、ホテルー松島瑞巌寺ー円通院ーおみやげ買いー新幹線

 

仙台には、2,3回行ったことがある。

 

しかし、全部震災前。

 

みんな、なんとなく震災、津波のことが気になっていた。

 

瑞鳳殿でも松島でも。

 

桃山文化の遺風を伝える豪華絢爛な瑞鳳殿の説明をしてくれたボランティアのの人も、建物や歴史の話をしながら、灯篭やお墓が倒れた様子話してくれた。

 

二日目の松島は、観光客で賑わっていた。

 

5年も経っているからそうなんでしょうけど、「よかった、な」が印象。

 

松島は、島がたくさんあったから、思いがけず、瑞巌寺のほうまで水は来なかったと。

 

しかし、以前おじゃました時は、参道のまわりが、立派な松林だったようだが、今回は修復作業で白いテントに囲われていた。

 

仙台市内、秋保温泉の紅葉は、もう少しという感じだったが、瑞巌寺の隣の円通寺のもみじは、見事に赤くなっていた。

 

Dsc04538

 

Dsc04534

 

 

写真ではあまりわからない。とほほ。( ̄Д ̄;;

 

一泊二日にしては盛りだくさんの旅。

 

おみやげの、仙台出身の友人お勧めの笹かまぼこはよく見る小判型じゃないもので、ふんわり柔らかく絶品だった。

 

もちろん牛タンは買ったよ。

 

  wisteria

 

 

|

お伊勢参り

十月25日と26日に初めて、伊勢・志摩に行ってきた。



次男の三鷹高校時代のPTAOB会で。



毎年1回旅行をする。



20数年前の書記の先生が伊豆の大島高校は転勤になり、訪ねて行ったことがきっかけで始まった。
鹿児島ひと回り、佐渡島、南伊豆方面、長野諏訪方面、三宅島などなど。



1泊2日の旅。



湧泉の仕事があったため、最初の頃は参加できなかった私。
それが、4、5年前から、土・日曜日だったのが、湧泉の定休日を入れ、日・月曜日にしてくれ、参加できるようになった。
(日曜日は、クッキーにお願いして)



それまでは、旅行にはあまりご縁がなかった。
子どもたちが、幼いころはもちろん、手がかからなくなったら、湧泉が始まりwww



今回は、総勢8名。


一緒に行くお仲間は、どういうわけか気が合う。
同世代だから当たり前かもしれないが、深い話もできるし、辛い時はそっとしていてくれる。



もちろん楽しい話もたくさん。


つかず、離れず。
以前も書いたかも知れないけど、「100歳まで仲良くしようね」と言っている。



だから、本当に楽しみ。



去年は、三浦半島。
一昨年は、熱海伊豆山。



今回は、名古屋まで新幹線で行き、あとはレンタカーで移動。

松坂で、牛肉ランチを食べ、伊勢神宮外宮へ。

Dsc03783


途中、二見浦の夫婦岩にも寄った。強風で波しぶきのすごかったこと!

Dsc03794_3

平成25年の式年遷宮とその跡地を見、静寂な参道を歩いた。

Dsc03787_2 


そのあと、ミキモトパール館で歴史と海女の実演を見物(強風でとても寒かった。仕事とはいえかわいそうだった)

Dsc03798

 

次の日は、伊勢神宮内宮に参拝し、おかげ横丁の赤福本店で赤福を買った。



おととしの、式年遷宮のニュースを聞くたび、行きたい行きたいと思っていたところ。



緑がいっぱいで、荘厳で、静かで(参拝者はたくさんでしたが)、一日のんびりこの空間に漂っていたいと感じた。

Dsc03784



一生懸命お祈りしたが、ふと、今月は、「神無月」
神さま、あそこにいないんじゃない?
出雲に行っているんじゃ?



まっ、いいか。



12月、出雲に行く。
若い友人の結婚式出席のために。



う~ん、今年は、神さまにご縁があるなぁ~。
   wisteria

| | コメント (0)

千畳敷カールハイキング

「『先生は、無理かも?』って言われたよ。」とクッキーが言った。
「えっ、誰から?」と私。

 

「Iさんから。ここは、Iさんに教えてもらったんだ」とクッキー。

 

上諏訪方面に行くと決まってからは、方向音痴で地図の読めない私は、クッキーに殆どお任せ。
それで、こういうことになったんです。

 

「こんど、○○方面に行くんだけどおススメは?」って風に聞いたんでしょう?。
彼女は、お友だちと色々なところの山や観光地に行っているらしいので。

 

上諏訪から高速に乗って、駒ケ根ICで降り、少し走ると菅の台バスセンターに着く。
この先は、一般車禁止。
上高地みたい。

 

自然保護でいいですよね。

 

バスセンターからしらび平駅までバス。
バスがクネクネ山道を登ること30分、しらび平駅に着く。

 

一般車禁止なわけです、クネクネ度合いは、日光のいろは坂みたい。
道幅は、車がすれ違えない狭さ、下は、断崖絶壁。
バスは、無線で交信しているのか、相手車両をちょっと広いところで待っている感じ。

 

しらび平駅から駒ケ岳ロープウェイで千畳敷駅に到着。

 

しらび平駅 1662mから千畳敷駅 2612m。

 

一気に約1000m上がったってこと。
降りた途端「さぶ~」

 

持って行ったカーディガンに薄手のジャンパーを着る。

 

バスセンターでもらったパンフレットを見ながら「さ、どっちへ行こうかな?」と思っていた時にクッキーが言ったのがさっきの言葉。

 

見渡せば、左にそびえ立つ崖。

 

Dsc03602

 

あっちは、山登りする人たちよね。
とすると、ハイキングコースは、右?。

 

「どのくらいかかるの?」私。
「4、50分。でもわからない。ダメだったら戻ってくればいい」とクッキー。

 

「えっ~?せっかく来たのにwww」(私の心の声)

 

家族連れがたくさん。
4,5歳の男の子たちも、私たち年齢の人たちも。

 

タムラソウ、

 

Dsc03593_2

 

 

サクライウズ

 

Dsc03594_2

 

 

クルマユリ

Dsc03598_2

 

 

を見ながら、カメラに収めながら歩く。

 



結構不安定な道。滑らないよう、転ばないよう、ゆっくり、ゆっくり。

Dsc03604_2

 

 

八丁坂分岐点という所にやっとたどり着く。
左へ行くには、本格的な山の装備が必要とある。

 



「『ここまで来たよ』の証拠に写真を撮ってくれ」と、クッキー。

Dsc03609
(私、最近、人物の写真は、ほとんど撮らない。処分が大変だろうから)

 

右に同じくらいぐるっと回り、今度は少し下り坂、ゆっくり、ゆっくり。



剣ヶ池に着き、宝剣岳を見上げながら一休憩。その後、千畳敷駅まで一頑張り。



ハイキング成功!!(v^ー゜)ヤッタネ!!。
   wisteria

 

 

 

| | コメント (0)

今年の旅の目的は

クッキーの「上諏訪の片倉館に行きたいな~」で決まり。

 

上諏訪は、クッキーが会社員のころ、商談でよく訪れていたところ。
片倉館も。

 

大きなお風呂で、ゆったり、腰痛を治したいと思ったのでしょう。
湧泉を始めた頃、
上諏訪を起点に色々なところに行った(お金がなかったからね)

 

去年は、私の望みの奥入瀬渓流に行き、星野リゾートに泊まりたいを実現させてもらったから。

 

私は、それまでは、実家と自宅との往復ばかりで、いわゆる「旅」ってのにご縁がなかった。(今もそうだけど(´Д⊂グスン)
だから、夏の年一回の旅行は楽しみ。

 

最初のころは、東京からレンタカーを借りて出かけていたが、ここ4,5年は、近いところまで電車(新幹線やあずさ)で行って、そこでレンタカーを借りて、細々と好きなところに移動するという方法をとっている。

 

これが、けっこう気楽で快適。

 

今年も、上諏訪まであずさでのんびり行き、最初の日は、クッキーは片倉館のお風呂に。
私は、北澤美術館サンリツ服部美術館へ、諏訪湖畔をてくてく歩いて行った。

 

Dsc03585_2

 

Dsc03583

服部美術館のロビーからの諏訪湖の眺め、一人占め。

 

上諏訪まで来たら諏訪神社でしょ、とホテルに近い、下社秋宮と下社春宮をお参りした。
その帰り道、3、4年前にお参りした、万治の石仏に「お礼参り」もした。

 

Dsc03588

 

Dsc03587

日が暮れたら、諏訪湖名産のうなぎ、そして真澄で乾杯。

 

頭の中は空っぽ。
夕飯の支度はしなくていい。

 

至福の時。
   wisteria

 

| | コメント (0)

旅の友

これとこれ

Dsc03635

Dsc03634

そう、キャリーバッグと化粧ポーチ

 

キャリーバックは、おととし、姉からもらったもの。
化粧ポーチは、次男夫婦からの去年のお誕生日プレゼント。

 

キャリーバッグは、ホントに珍重している。
普通すぎるほど普通の形。
布製(?コーティングしてある?)

 

だけど、立てたまま使えるのがいい。

Dsc03638

衣類等を入れたあと、仕切れるのがいい。

Dsc03639

外ポケットが一つ、内ポケット(大きい)が二つ。

 

立てたまま出し入れできるので、折りたたみ傘、ペットボトル等を衣類の脇に入れられる。
3泊4日の旅だったら充分。

 

じゃなくても、重いものが苦手な私にとって、駅の階段だったら持って上がり、降り出来るのがいい。

 

もう一つは、今回のデビューの化粧ポーチ。

 

もらって一年。
どう使おうか?イメージ出来ないでいた。

 

先日うちに泊まった若い人が、持っていた(洗面所にぶら下がっていた)
ふ~ん。(四角いポーチはもう古い?)

 

今までのポーチのチャックが壊れた。
だから、使ってみた。

 

「いい~」

 

これも、縦使い。
ぶら下げたまま使える。

 

横幅が、15センチほどあるから、歯ブラシや下地クリームなどが、楽々入る。

 

どこかに行くと決まったら、ワクワクはあるが、「お天気は?寒い?暑い?何を持っていく?」と悩む。
女性は、化粧品も。

 

でも外側が決まっていると楽。



さあ~出かけるぞ~

 wisteria

 

| | コメント (0)