« 「お久しぶりです」「ご無沙汰でした」の言葉、こちらからは、口が裂けても言いません | トップページ | 本を読む意味 »

図書館での本の予約

三鷹図書館に本をWEBで予約出来る制度を利用している。
いつごろからだったかな?



便利だ。



予約はパソコンからできるが、取りに行くのは自分で行かなきゃいけない。
お取り寄せの通知があってから、1週間以内だ。



昨日、Microsoft Office Outlookに予約確保の通知が入っていた。



あれ?予約してないけど、と思い開けてみると、海堂尊の「輝天炎上」だった。



え~っつ?

予約したことの微かな記憶はあった。
しかし、いつ?はない。
もしかして?と手帳を開けてみる。
あった。



4月19日とある。
64番目と書いてある。
約5ヶ月か~。(前?かかった?)



今まで、『図書館で新刊』は諦めていた。
でも、もしかして、と村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼』を予約してみた。



なんと247番目とある。



じぇじぇじぇ。
調子に乗りすぎだったかな?
   wisteria

|

« 「お久しぶりです」「ご無沙汰でした」の言葉、こちらからは、口が裂けても言いません | トップページ | 本を読む意味 »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「お久しぶりです」「ご無沙汰でした」の言葉、こちらからは、口が裂けても言いません | トップページ | 本を読む意味 »