« 美術館めぐり | トップページ | きのうの湧泉、保育所みたい »

「そんなゆるくていいんですか?」

施術後、お茶を飲む椅子に座ったとたん「わっ、静か!!」と両手で顔を覆ったお客さん。
「えっ?」と何が起こったかわからない私。



「いつもいつも耳のまわりに音が・・・」とお客さん。
「夏休みだと子どもが色々と・・・」と付け加えた。



「わかります。わかります」です。



玄関に人が来たり、電話がくれば「だれ?だれ?」って駆け寄ってくる。
わからないことがあると「なぜ?どうして?」の質問攻撃。
うれしいことがあると「おかあさん、ねえ、ねえ聞いて」と始まる。



小学校低学年のころ、うちもそうだった。
「うるさ~い!!」と叫ぶわけいかず。
家事の手を止めて、彼らのほうに振り向く。



「うるさ~い」は禁句だってことは知っていた。
「ちょっと待って」も。



でも「ちょっと待って」は言ってただろうな。
(息子たちに聞けばわかることだけど聞くのは怖い(*≧m≦*))



子ども辞典や百科事典を買ってまじめに答えたりもした。
それはそれで大切なことだと思うが。



37,8年間の彼らや公文の子どもたちとつき合ってきてみて思うことは
『お母さんといっしょがいいんじゃないか』と。
いつもべったりではなく。



子どもに合わせるってけっこう楽しい。
野球、サッカー、F1レース、コミックそしてハードロックの世界。



子どもはお母さんに先生や学者などを求めているんじゃないと思う。
一緒に見たり、考えたり、悩んだりしてくれる人を求めているのだと思う。
お母さんにも「何々?」とか「へえ~?」とかわくわくして欲しいんだと思う。



これを『ゆるい』と言われればそれでそれでいいんですけど。



たぶん今日から新学期。
静かな空間が訪れたのではないだろうか?
    wisteria

|

« 美術館めぐり | トップページ | きのうの湧泉、保育所みたい »

育児・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美術館めぐり | トップページ | きのうの湧泉、保育所みたい »