« 本来なら初盆です | トップページ | 夏休みそしてお盆 »

湧泉の整体

湧泉の整体は安定持続圧という押圧法がメインの施術です。
カイロプラテックなどの関節をボキボキ鳴らしたり、
マッサージなどのモミモミ、ユサユサなどの手技は用いません。
                      
筋組織は外部からの刺激に対して防衛反応を起こし、
筋組織を硬直させて身を守ろうとします。


筋組織が硬直した状態で、強く揉んだり、
圧をかけすぎると、組織を傷つけてしまいます。


その時は血行がよくなり気持ちが良くても、
徐々に炎症が起きて後から筋組織の硬直が始まります。
いわゆる、揉み返しです。


この状態にならないように適度な圧をかけ、
圧を安定して指先の筋組織が緩んで来るのを
指で感じるのをじっと待つのが安定持続圧です。


ゆっくりとした、痛くない、安定持続圧により、
響きが伝わるように圧が浸透し、
細胞の中の原形質の流動が促進されます。


この原形質流動の状態は細胞間で伝達、同化され、
身体の離れた部位まで伝わります。


筋肉は軟化し、リラックスして、
本来の生命維持活動を担う、
副交感神経優位の状態になります。


身体を休息させ、自己治癒力、

修復システムを回復させるのです。


呼吸が整い、筋肉の余分な緊張がなくなり、
消化器の動きが促進され、
胃や腸の動きだす音が聞こえてきます。


「湧泉の施術は揉み返しがありませんね」と言われます。
それが湧泉の誇りです。

|

« 本来なら初盆です | トップページ | 夏休みそしてお盆 »

湧泉の整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本来なら初盆です | トップページ | 夏休みそしてお盆 »