« 「足つぼ」は素晴らしい健康法 | トップページ | 三鷹市の定期健診 »

フットスパ三台(代)目・・・2

新しい足浴器は以前のと同じナショナル製の深型です。

色もスイッチも全く同じ、

ただ一つ違うのは

足浴器の下に車が付いているのです。

台車と言ったらいいでしょうか?

ゴロゴロと動かすことが出来るのです。

ですから取っ手が付いています。

今までは、いすの高さと足浴器の高さは大体同じでした。

Eh284w_22302_4

でもこの取っ手があるため

少し高い位置に座らないと

腿に取っ手が当たってしまいます。

「ありゃ困った!」です。

今までのクッションのいい廻る椅子から

普通の高さの椅子に換えてみました。

これまでの廻る椅子は柔らかで背もたれもあり

お客さまは、座って足湯を始めると

背もたれに寄りかかり

「うわー!いい気持ち!」と目を閉じられます。

でもこの椅子にも一つ欠点があったのです。

少し低いので

いわゆる『腰を落とさなければいけない』のです。

腰が弱いとか悪いとかいうことは

動かすと痛いなどいろいろありますが

腿の筋肉が弱っているので

座るという動作がとてもしづらくなるのです。

晩年、足腰が弱ってきた父の様子を

見ていてわかってきました。

介護用のシャワー椅子は高さが高いです。

最初「なぜ?」と思いました。

父の様子を見て「そうなんだ」と思いました。

ちょこんと腰を掛ければいいんですね。

腰痛のお客さんもそうなのでしょうね。

本当ならリラックスも出来て

腰痛のお客さまにも対応できる

足浴用の椅子があればいいのですけど

うちのような小さなところはちょっとご勘弁をm(_ _)m

ですから、

「リラックスは施術で」とお願いします。

          wisteria

|

« 「足つぼ」は素晴らしい健康法 | トップページ | 三鷹市の定期健診 »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「足つぼ」は素晴らしい健康法 | トップページ | 三鷹市の定期健診 »