« 2009年5月 1日 (金) | トップページ | 2009年5月 6日 (水) »

2009年5月 3日 (日)

朋あり遠方より来たる

きのう、『みかん』のことを書いたとき

『あずきちゃん』のことを書きました。



そしたらそのあずきちゃん一家が施術を受けにきてくれたのです。

川崎からわざわざ。



あずきちゃんの人間のおかあさんは、

湧泉の開店当初からのお客様です。



施術を受けにいらっしゃるたびに大きな丸い箱を持ってこられるのです。



それが、我が家にも似たようなのがあって・・・

長男が持っている。



そうなんです、ドラムの道具を持っての来店でした。

(会社勤めをしながら、趣味でドラムを)



息子達と同じような世代です。



親しくなるのに時間はかかりませんでした。



長男のところにみかんが来たのと同じ頃だったでしょうか?



彼女が豆シバをかうようになったのは。



その頃、みかんが呼吸困難おこして心配したときも

動物病院の情報を教えてもらったりしました。



お祖父さんの看病の為と実家に帰られたのが2年前。



お祖父さんもお祖母さんもあずきのことが大好きだ

と言って連れて帰られました。



アニマルセラピーになるのでしょうね。



今年、「結婚しました。女の子が生まれました」の年賀状が。



「うわ~」と私。



写真を見て又びっくり!

あずきちゃんもいるではありませんか!

そしてその全員できてくれたのです。



こういう時って何と言うのでしょうかね?



施術者冥利に尽きるとでも言うのでしょうか?



パパさんが、体内浄化プログラムを受けている間

彼女と私で積もる話、話、話。



犬とはいえちゃんと感情はあります。



いえ、人間より感覚は敏感ではないでしょうか?



赤ちゃんが生まれてからのあずきちゃんに変化が

いろいろあったようです。



そうなんでしょうね。

そして「あずきの方が先ですので。あずきが長女です」って。



人間のお父さんがあずきの係のようでした。



何だか長男のところみたいでとっても微笑ましくってね。



私が「赤ちゃんだけでも大変なのに・・・」と言ったら

彼女は「家族ですから」と。



いろいろあっての家族ですもの、

知恵と力を出し合えば何とかなると

私も常日頃思っています。



賑やかな、楽しいひとときでした。



私達もほんわかとなり、元気もいっぱいもらいました。

ありがとうございました。

      wisteria

| | コメント (0)

うちのみかん~~

長男のお嫁さんといっしょに来た犬です。



おとといから、3泊4日で預かっています。

「09.05.03 002.jpg」をダウンロード

「09.05.03 007.jpg」をダウンロード



『みかん?』



『犬でみかん?』



昔人間の私には最初は違和感が。



そしたら、湧泉のお客さまの犬で『あずきちゃん』って子がいたので、

『最近の若い人はいろんな名前をつけるんだ~』となぜか安心したものでした。



12,3年前まで飼っていたヨークシャテリアはオスでしたので

どちらかというと私になついていましたが、

みかんは「おいで~」と呼ばれると

長男やクッキーの膝にちょこんとのっかるのです。



そりゃーかわいいですよね。

クッキーは子どもが生まれたら

膝の中に抱いて晩酌する、成人したら一緒に飲む。

(なぜ、酒にまつわることばかり?)



というのが夢だったらしいのですが、

男の子だったから、おとなしく抱かれていない。



父親とは飲みたがらないということで夢破れ、

みかんで実現した?というわけです。



クッキーの携帯待ちうけはちなみにみかんです。

(だからってわけではないでしょうが・・・)



以前、犬を飼い始めたとき思いましたが

『こりゃー手がかからないわ~』ということでした。



その当時息子達は幼稚園年長と小学2年生で

なにかと手がかかる頃だったので、

犬を飼ってみて覚えているのは、

反抗しない!口答えしない!という驚きでした。



今ペットの数が子どもの出生率を超えたと言う報道が

なされているのを見るとさもありなんと思ってしまいます。



うちは、3人兄弟のように育ったような気がします。



脱ぎっぱなしの洋服や置きっ放しのカバンに

おしっこをかけて私の代わりにしつけてくれたり、

彼らの受験勉強のときの愚痴を聞いてくれたり、

母親の長いお説教を私に気づかせてくれたのも彼でした。



結婚したいと思った人が犬を飼っていても

何の違和感もなかったのでしょう。

(詳しいことは我々も知りませんが・・・)



私達も大歓迎でした。



ペットじゃなくて家族ですもの。



私達世代の暗黙の中に

『孫はなしはほどほどに』というのがあるようです。



孫がいる人といない人があるからでしょうね。



ペットもそうなのかも知れません。



当人たちには家族でも他人には、たかが犬、猫なのですから。



気をつけなくては。



でもふわふわな毛並みとつぶらな瞳は

こちらがでれ~としてしまうのです。



そして、仕事が終ったらさっさと家にかえろーと思うのです。

        wisteria

| | コメント (0)

« 2009年5月 1日 (金) | トップページ | 2009年5月 6日 (水) »