«  いいおっぱい | トップページ | 体験に勝るものはなし »

卒乳・・・いつがいいの?

しとしと静かにふる久しぶりの雨。

こんな日はとっておきのティータイム。

交感神経がお休みで副交感神経の

久しぶりのお出ましの日。



ところがどっこい子供のいる家は

そうはいきません。

彼らのエネルギーの行き場がなく

「お兄ちゃんがぶったー」

「ぼく、何もしてないよー」

「×××、何やってんの~お兄ちゃんでしょ。静かにしなさい!!」

とお母さんの声が一番うるさかったりして。



このブログの最初の頃に登場した彼、

お母さんが施術中はおとなしく私と遊んでいました。

時々、ふっと思い立ったようにお母さんのほっぺに

自分のぽっぺをくっつけに行って・・・、

そして又遊び始めます。



施術が終わったらご褒美のおっぱいタイム。

お腹がすいているわけでも、

のどが渇いているわけでもないでしょう。

お母さんにぺったりひっついていたいのです。



そんな時お母さんたちはちょっと恥ずかしそうに

「甘やかし過ぎでしょうか?」とおっしゃいます。



私はそうは思いません。

自分の経験や以前の仕事から見て

しっかり甘えた子のほうが自立が

スムーズだと思っています。



昔は「断乳」という言葉があって、

○○歳までにはおっぱいをやめさせましょう。

なんてね。

今も微妙にあるのかな?



あるとしたら、お母さん同士の競い合い?

オムツがとれた、とれない、離乳食を、たくさん食べる食べない、

はいはいした、まだ。歩いた、まだ、などなど。

いつもいつも競争。

自分もその渦の中にいましたものね。

だからよ~くわかります。



そんな時、母が「おむつをしている大人はいないしね~」

(今はいるかー)

かけっこで遅い息子に、はっぱをかけている私を見て

父が「泥棒が来たら、必死に逃げればいいからね。」と

ふっと力みを取ってくれました。

そういえば、息子は町内会のパンくい競争は一番だったのです。

その時は、まったくーと思いましたが



今となっては彼の方が人間らしかった。



いつ頃からか「あなたはどうしたいの?」と

子供たちに聞くようになっていたようです。

ある友人たちと子連れで旅行に行ったとき

友人に言われたのです。



「いつも○○君に聞くの?」と。

私も気が付いていなかったことなのですが、

思い起こせば父はいつも「wisteriaはどうしたい?」

と聞いていたなーと。

その当時はうるさいなーと思った時もありました。

でも、自分も気が付かないうちにしていたのですね。



だから、子供だからって、小さいからって

何もわかってないかと思ったら大間違い。

結構自分のことは考えてますよ。



そうだったんだーと

反省させられる事たくさんありますもの、私の方が。

決断しなきゃいけない節目節目で。



大人に比べて経験と知識がないので

それはしっかり補ってあげなければいけませんが。

だから、おっぱいをやめる時も

もういいよって言う時まで待っていてあげて

いいのじゃないでしょうか?    wisteria

|

«  いいおっぱい | トップページ | 体験に勝るものはなし »

育児・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  いいおっぱい | トップページ | 体験に勝るものはなし »